愛媛国体@馬術競技最終種目

だらだらと続けて来ました、愛媛国体馬術競技の投稿も
今日がいよいよ最終となりました。

今日は最終日の最終種目「成年男子 六段障害飛越競技」です。
この競技は直線上に約11mの間隔で6つの垂直障害が配置され、
それを連続して飛越するものです。
第1回目の走行は、最終障害(6つ目)が150cmになるように配置され、
その障害(1~6障害)を無過失で走行した競技者が2名以上の場合に、
ジャンプオフとして障害の高さをあげて競技を続行します。

因みに、日本記録の最終障害高さは199cmです。
さて今回はこの高さを越える競技者が出るかどうか注目です。


奥(左側)から順番に6つの障害を飛越していきます。(写真は5つの障害しか写っていませんが、右手前にもう1つ障害があります)。
a0341170_16125777.jpg

1つ目の障害を飛越~。
a0341170_16140152.jpg
障害2つ目~。
a0341170_16143536.jpg

3つ目~。
a0341170_16151981.jpg

4つ目も無事飛越です~。
a0341170_16154935.jpg
5つ目飛越。障害は後一つです。
a0341170_16163352.jpg
6つ目も無事飛越!。無過失でジャンプオフ進出(障害の高さが上がります)。
a0341170_16170810.jpg


a0341170_16190156.jpg
嗚呼残念!。これで失格となりました。
a0341170_16193800.jpg
最初の高さ150cmを1人の失格者だけで、後の選手はジャンプオフ進出で高さが上がります。
a0341170_16201828.jpg
6つ目の障害高さが13cm上がり、163cmとなりました。
a0341170_16210891.jpg
163cmもジャンプオフ成立です!。
a0341170_16220137.jpg
障害の高さを上げる度に整地されます...。
a0341170_16223163.jpg
173cmもクリアです。
a0341170_16232307.jpg
最終障害高さ(6つ目の障害)が183cmに上がりましたが、ここで過失選手が続発。
a0341170_16240425.jpg
結局この高さをクリア出来なかった為競技終了です。結局183cmを減点4で走行した3選手が同率1位となりました。
a0341170_16245433.jpg

[PR]
by t-masa0925 | 2017-10-13 16:53 | 馬術 | Comments(0)
<< 帆船「日本丸」in東播磨港 愛媛国体@馬術競技4日目(Ⅱ) >>